太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

修理費用はいくらかかるの?|太陽光発電のトラブルについて

読了までの目安時間:約 3分

 

太陽光発電システムの修理費用はいくらかかるのでしょうか?

 

修理費用は、メーカー保証でまかうのが基本

太陽光発電の発電量が減ってきたら、システム機器の故障が疑われます。

そういった場合には、早めにメーカーや施工業者に相談しましょう。

 

ここで、気になるのは修理費用ですね。

購入した時に大きな金額を支払っているのに、修理費用まで高かったら大変です。

 

しかし保証期間内であれば、大抵の修理費用はメーカー保証で賄うことができます。

保証期間や保証の対象はメーカーによって異なりますので注意が必要です。

(参考記事:メーカー保証の比較

 

また保証には、出力保証、システム機器保証などがあります。出力保証ではメーカーが決めた水準以下の出力になったら、ソーラーパネルの修理や交換を行うというものです。なお、これには周辺機器は含まれていません。システム機器保証はパワーコンディショナーなどの機器も含まれています。

 

出力保証は10年~20年保証、システム機器は10年といったところが一般的です。こういった保証の内容やそれぞれの保証期間も確認しておきましょう。

 

パワーコンディショナーの修理が最も可能性が高い

太陽光発電システム機器の中で、最も故障しやすいのはパワーコンディショナーです。

パワーコンディショナーは家電に近い製品のため、期待寿命は10年間ほどです。

 

そのため、システム機器保証が長い保証が好ましいと言えます。

 

10年後にはこの修理費用・交換費用が発生する可能性があるのですが、その費用は、簡単な修理であれば2万円程度、交換となると1台20~30万円程度かかります。この費用は予め見込んでおく必要があります。

 

最近では、パワーコンディショナーを含めたシステム機器の15年保証に取り組んでいるメーカーもあります。

(参考:メーカー保証の比較

 

この補償に加入するためには数万円程度かかるようですが、20~30万円かかる修理費用のことを思えば安いとも言えます。

こういった保証は今後充実してくると考えられますので、修理費用を抑えるためにも加入を検討するとよいでしょう。

 

 

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電のトラブルについて   コメント:0

この記事に関連する記事一覧