太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

太陽光発電システムを取り付けた屋根と工事や完成後の様子

読了までの目安時間:約 4分

 

太陽光発電システムは取り付ける屋根の形状によって、設置方法や設置枚数が異なります。そのため、どんな屋根にどんなシステムを載せたのかは気になるところですね。

 

ここでは、ウチの屋根形状の図面と設置状況をご紹介します。

また、設置までと工事・完成後の様子もあわせてどうぞ。

 

屋根の形状はこの通り

この左の写真は南から見た時の図面です。

右側の写真は横から見たものですね(この写真では左側が南です)。

 

南面が広い面となっており、ここに太陽光発電システムを設置する事になります。

 

SN3Q0539 SN3Q0541

設置までと、工事の様子について

よく、家を建てている最中に既に太陽光発電システムを載せてある新築物件を見かけますが、あれで、工事中からも売電が出来るなら嬉しいと思い、建築会社に相談したところ、電力会社がしっかりと確認してから売電スタートになるので、基本的にそれは有り得ないとの事でした。それに、10年保証にはなっていますが、暮らしていない内から取付けてもモジュールの寿命が短くなっても嫌ですし…ね。

 

ですので、住宅が完成し、引き渡しも完了し、建物の登記も完了した後の施行となりました。実はその日が娘の音楽会と重なってしまい、日をずらせないか相談したのですが、電力会社(の依頼会社)の確認があって始めて売電開始になるので、それを調整しているとさらに後日に伸びてしまうケースが多いとの事…。

 

施工を見守りながらプログラムとにらめっこし、音楽会に行っている妻と、今 何番目のプログラムかのメールのやりとりを行いながら、娘の出番の時には学校に行き、終わったら家に帰ってきて、二回目の出番の時も同様に…と、忙しい日でした。

 

これが、施工業者が運んできた太陽光発電のモジュールですね。とても綺麗でした。

 

SN3Q0524

 

ところで、なぜそんなに他者と比べて金額に差があるのか聞いた時の理由の一つに「うちは足場を組んだりしないんですよ。その分、お安く出来ます。」との事でした。なので、こんな感じの施工風景ですね。

 

SN3Q0522  SN3Q0521

 

完成後の様子

設置された後の屋根は、こんな感じです。

 

SN3Q0523

 

 

25枚、上手に収まるものですね。

 

そして、これが住宅内に設置されたパワーコンディショナーの内部と表面です。

 

SN3Q0518 SN3Q0517

 

さらに、住宅の裏側に当たる北側に設置されたケーブルと接続箱、及び、電気使用のメーターと売電のメーターになります。綺麗に並んでいますね。

 

SN3Q0520 SN3Q0519

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電の体験談   コメント:0

この記事に関連する記事一覧