太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

(実録)太陽光発電で電気代と売電はこうなりました

読了までの目安時間:約 7分

 

住宅内のキッチンに置いてある、家で使っている電気使用量と発電量がわかるモニターがこれです。

 

申し訳ないのが、夜の20時の写真なので、当然ながら発電はしていません…。日中は、この左側の発電という数字が上がりますが、今までの最高では5.5kWでしたかね。

 

このモニターがある事によって、節電を気にする様になると聞いていましたが、まさしくその通り!

 

オール電化のプランにあわせて節電するようになりました!

うちは、オール電化住宅なので3時間帯別の電気量計算となっています。とにかく平日日中の一番高い電気単価の時にどれだけ電気を使わずに、深夜に回せる物は深夜、どうしてもであっても、平日の7時~9時まで、或いは17時~の@ホームタイムに電気を使う様な意識が芽生えてきます。

 

そうすることで、昼間、太陽光発電で発電した電気はなるべく売るようにして、夜間などの安い電気を買って家事をするようにしています。

 

ちなみに3時間帯別の内訳は下記の通りです。

 

時間帯区分 月曜日~金曜日 土日祝 電気代単価
デイタイム 9時~17時 なし 31.43円
@ホームタイム 7~9時、17時~23時 7時~23時 21.23円
ナイトタイム 23時~翌朝7時 23時~翌朝7時 9.33円

 

 

電気代と売電収入はどうなったかというと

太陽光発電を検討した方なら、メーカーのカタログなどで日本全国の日照時間の平均と、それによる発電量の比較が載せられているのを見た事があると思いますが、正直言って、実際に設置してみないと疑問ですよね。わたしもそうでした。

 

わたしの地域は特に日照時間には恵まれている、と建築会社の担当者からは聞かされていたのですが、こればかりは天に任せるしかないじゃないですか。テレビのコマーシャルなどでも「…で、実際のところ、(発電は)どうなのよ!?」というのを見た事がありますが、正直あの気分でした。

 

ところが…。まずは下を見てください。

 

SN3Q0539

 

平成25年の6月分なんて、バッチリと年月が判ってしまいますが、この月も、デイタイムには何も電気を使用せずに頑張りました!結果、基本料金も含めて、4,115円。オール電化でコレですから、格段に電気使用量を節約していますね。

 

 

SN3Q0540

 

また、売電額に関しては上の通り。これは、25年の5月分なので、使用料金の6月とは一ヶ月違ってしまいましたが、なんと驚きの39,144円!932kWを発電してくれたのです!一日平均18.27kWですが、当然雨の日はほとんど発電しませんから、晴れた日に30kW越えを連発してくれていたのが勝因と言えるでしょう!

 

ウハウハです…。

 

発電量が少ない時であっても、20,000円は確実に越えて発電してくれているので、使用量に負ける時はありません。でも、昨年度の冬は、床暖房にプラス石油ストーブを使用していたので、石油代がかかっていますが、月に3,000円程度です。

 

今年度は、夏の暑さに犬が耐えきれずにエアコンを初めて購入しました。と言っても、あまりにもエアコン工事が立てこんでいたので設置したのが8月でしたから、ほとんど使わずに夏を過ごしてしまったのですが、冬の暖房をエアコンで補ってみようと考えています。それで、トータルどうかなぁというところです。

気になる一年間の売電額と電気代は

 

年月 売電額 電気代 差し引き
平成24年11月 ¥19,278 ¥6,874 ¥12,404
平成24年12月 ¥21,882 ¥8,362 ¥13,520
平成25年1月 ¥20,538 ¥7,457 ¥13,081
平成25年2月 ¥24,864 ¥7,350 ¥17,514
平成25年3月 ¥28,728 ¥5,372 ¥23,356
平成25年4月 ¥39,144 ¥5,506 ¥33,638
平成25年5月 ¥33,096 ¥4,115 ¥28,981
平成25年6月 ¥22,344 ¥3,835 ¥18,509
平成25年7月 ¥32,172 ¥4,205 ¥27,967
平成25年8月 ¥30,072 ¥3,952 ¥26,120
平成25年9月 ¥30,072 ¥4,587 ¥25,485
平成25年10月 ¥22,302 ¥5,426 ¥16,876
合計 ¥324,492  ¥67,041  ¥257,451 

 

 

この表のように、売電額は毎月2万円以上あります。多い時ではなんと4万円程度に。年間で32万円となっています。売電は10年間固定金額で買い取ってもらえるので、10年間でなんと320万円が見込めることになります。

 

ちなみに、ソーラーローンの月々の返済額は1万円程なので年間で12万円です。返済期間は15年。トータル180万円です。この調子で行くと、5~6年で太陽光発電システムの初期費用が回収できる計算になります。これは嬉しい驚きです!

 

また、電気代(オール電化なので光熱費)も毎月5~7千円程度に抑えられています。発電で浮いた額とすれば年間平均で約13万円という計算になりますね。

 

太陽光発電装置の保証期間が10年なので、10年後のメンテナンスにどのくらい費用がかかっていくかにもよりますが、10年経てば元は十分とれると試算して導入しましたが、1年経過後としては試算を大幅に上回っています。

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電の体験談   コメント:0

この記事に関連する記事一覧