太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

太陽光発電システムの構成とそれぞれの機器の役割

読了までの目安時間:約 4分

 

太陽光発電システムは太陽電池モジュール以外にも様々な機器で構成されています。

ここでは、その構成とそれぞれの機器の役割を紹介します。

 

太陽光発電システムの構成

太陽光発電システムの構成は下の図のようになっています。

system01

 

太陽光発電システムの仕組み

 

  1. 太陽電池モジュール(ソーラーパネル)に日光が当たり発電する
  2. 発電した電気は接続箱に集められる
  3. パワーコンディショナーによって家庭で使える電気に整えられる
  4. 整えられた電気は分電盤で、各家電に分配される
  5. モニターでは発電量や、使用電気量、売電量が表示される
  6. 電力量計では買った電気、売った電気が記録される

 

それぞれの機器の役割

それでは、それぞれの機器の役割をもう少し詳しく見てみましょう。

 

太陽電池モジュール(ソーラーパネル)

太陽電池モジュール(ソーラーパネル)は屋根の上で発電を行う機器です。単結晶シリコン、多結晶シリコン、CISなど様々な種類が出ています。それぞれメリット・デメリットがあるので、メーカー選びの際には太陽電池モジュールの特徴で選ぶことがほとんどです。

(参考:各メーカーの太陽電池モジュールの比較

 

solarpnl01

 

接続箱(パワーコンディショナーに含まれる場合もあり)

接続箱は、太陽電池モジュールで発電した電気をまとめて、パワーコンディショナーに送る役目をしています。メーカーによってはパワーコンディショナーに内蔵されている場合もあります。

 

setuzokubako01

 

パワーコンディショナー(インバーター)

パワーコンディショナーは太陽電池モジュールで発電した電気を、家庭内で使えるように整える役目をしています(直流の電気を交流にしたり、電圧をそろえたりします)。パワーコンディショナーは屋内設置型と屋外設置型があります。

(参考:パワーコンディショナーのメーカー比較

 

SN3Q0518

 

屋内分電盤

屋内分電盤は、一般家庭内である「ブレーカー」と同じようなものです。電気を各部屋に分配する役目を持っています。

 

電力モニター

電力モニターでは、どれだけの電気を発電し、どれだけの電気を売電・買電したか、 また消費したかを表示するものです。メーカーによってモニターの大きさや表示方法が異なりますが、機能はほとんど同じです。

 

SN3Q0515

電力量計(買電メーター、売電メーター)

電力量計は一般家庭にもある「メーター」と同じようなものです。ただし太陽光発電システムを設置している家庭では、売電用のメーターも備えています。これにより、どれだけの電気を買ったか、売ったかを記録しています。

 

SN3Q0519

 

 

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電のお役立ち情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧