太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

太陽光発電のメリット⑥ 優遇されている制度やその他のメリットも多い

読了までの目安時間:約 4分

 

太陽光発電のメリットには、優遇制度があるなど、他にもたくさんあります。

 

購入する際に補助金が受け取れる

ここ数年、太陽光発電を購入する際に補助金を受け取ることができます。

 

私も1kWあたり35,000円の補助金が受けられましたので、

5.82kWで合計203,700円の補助金を受けることが出来ました。
(詳細は「太陽光発電の費用はソーラーローンで。補助金も受けられた!」)

 

ただし、補助金の額は年度ごとに変わっており、年々少なくなっています。

2013年では1kWあたり2万円、もしくは1.5万円の補助金が国から助成されます。

 

しかし地域によっては都道府県や市区町村などからも補助金を受け取れるので、

合計すると結構大きな額になるところもあるようです。

 

また、HEMSや蓄電池を合わせて導入する場合も、別途補助金が適用になる場合もあるので、

購入の際には販売会社に問い合わせてみましょう。

 

金利の安いソーラーローンが利用できる

太陽光発電は購入に100万円以上する高額商品です。

そのため、購入にはローンを組まれる方も多いのではないでしょうか。

 

太陽光発電を導入する場合には「ソーラーローン」が利用できます。

私もこのソーラーローンを利用して太陽光発電を設置しました。

 

ぜひ活用してみましょう。

 

将来の投資になる

太陽光発電は10年程度で元を取ることが可能になってきています。

 

太陽光発電の寿命は20年~30年位なのでは?と言われていますので、

元をとった後でもまだまだ使うことができます。

 

元をとった後でも発電できるので、電気代は安いままです。

そのため、今太陽光発電を設置することは、将来のための投資になるといえます。

 

メンテナンスが簡単

太陽光発電は屋根に置いておくだけで発電できるので、基本的には故障の少ない発電機です。

汚れてくると発電量が落ちてきますが、雨でほとんどの汚れは流れてしまいます。

 

そのため、ほとんどメンテナンスは必要ありません

 

発電量が極端に落ちてしまった時には、メーカーや販売店に問い合わせてみましょう。

 

断熱効果があるので家の温度を保てる

太陽光発電のあまり知られていないメリットには断熱効果があります。

 

ソーラーパネルを屋根の上に設置することで、屋根が温まったり、冷たくなったりすることを防ぐことができます。

 

これによって、家の中が快適に過ごすことができるのです。

より節電、省エネ効果が上がるようになっているのは嬉しいですね。

 

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電のメリット   コメント:0

この記事に関連する記事一覧