太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

太陽光発電のメリット① 発電した電気を売ることができる

読了までの目安時間:約 3分

 

太陽光発電のメリットに発電した電気を売れることがあげられます。

つまり太陽光発電で発電することで収入を得ることができるのです。

 

この制度のことを固定価格買い取り制度とか、電力買取制度売電制度と呼びます。

 

これを活用することで、早期に太陽光発電の購入費用の元が取れたり、また収益を上げることも可能なのです。

 

1kWあたり38円と高価格で買い取ってもらえる


一般的な10kW以下の太陽光発電システムの場合、

2013年度であれば余剰電力1kWあたり38円で買い取ってもらうことができます。

 

普通、電力会社から買う電気料金は1kWあたり20円代ですので、

かなり高い金額で買い取ってもらえるということがわかります。

 

なお2013年度では1kWあたり38円で買取してもらえるのですが、この単価は毎年値下がりしており、

2014年度、2015年度と段階的に値下がりすることが決まっています。

 

このメリットを受けるためには、できるだけ早めがよいですね。

 

10年間同じ単価で買い取ってもらえる

なお、この電力買取制度は、契約した年から10年間同じ単価で買い取ってもらえます。

そのため固定価格買い取り制度と呼ばれるのですね

 

10年間はまず間違いなく電力を高値で買い取ってもらえますので、

10年以内に購入費用の元を取るようなものを購入するのがベストです。

 

私も購入する際には、施工会社にシミュレーションしてもらい、

10年以内に元が取れることを確認してから購入を決めました。

 

実際には、予定よりも売電金額が大きくなっているので、

10年よりも早く元を取ることができそうです。

 

●私の家の年間の売電金額は↓をご覧ください

(実録)太陽光発電で電気代と売電はこうなりました

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電のメリット   コメント:0

この記事に関連する記事一覧