太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

キングダムソーラーの太陽光発電システムのメリット・デメリット

読了までの目安時間:約 3分

 

キングダムソーラーの太陽光発電システムの特徴や、メリット・デメリットを紹介します。

 

 キングダムソーラーとは?

キングダムソーラー株式会社は、中国のキングダムソーラー社と提携しソーラーパネルの販売を行う「沖縄発の国内メーカー」との位置づけされています。元々貿易などを行っていた会社が、2010年に太陽光発電事業を開始するにあたり、調達先として中国のキングダムソーラーを選んだそうです。

 

中国のキングダムソーラー社は世界20カ国以上でソーラーパネルを販売している大手のメーカーです。日本のキングダムソーラー社ではこの中国メーカーで製造したパネルの販売を行っており、事業用・産業用がメインとなっているようです。

 

キングダムソーラーのメリット

キングダムソーラーのメリットは次のような点です。

 

  • 発電効率がまずまず高い
  • 価格が安い

 

発電効率がまずまず高い

 

キングダムソーラーで取り扱っている、単結晶シリコン太陽電池はモジュール変換効率が17%とまずまずの高さを誇っています。東芝パナソニックには及びませんが、変換効率が高い部類に入るといっていいでしょう。

 

価格が安い

 

キングダムソーラーでは、中国のキングダムソーラー社からソーラーパネルを調達しています。中国のキングダムソーラーはシリコン鉱山の採掘権を持っているため、高純度のシリコンを安く手に入れることができます。そのため、高校率パネルを安価に販売することが可能なのです。

 

キングダムソーラーのデメリット

キングダムソーラーのデメリットは次のような点です。

 

新しいマイナーメーカーのため情報が少ない

 

キングダムソーラーは2010年に太陽光発電の事業を開始したばかりのメーカーですので、なかなか口コミ等の情報が入ってきません。そのため、サービスの実際のところがどうなのか、ソーラーパネルは何年持つのかなどの情報がなく、購入するのをなかなか踏み切れないというのが実際です。

 

 

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電メーカーの特徴   コメント:0

この記事に関連する記事一覧