太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

実発電量の比較|太陽光発電のメーカー比較

読了までの目安時間:約 8分

 

太陽光発電メーカーごとの「実発電量」の比較を行ってみましょう。

 

ソーラーパネルの「変換効率」はあくまでも実験室中でのものであって、実態とかけ離れたものではないか?ということで注目されているのが、「実発電量」です。

 

実発電量とは、屋根の上などの環境に晒した場合に、実際に発電した発電量のことを言います。

 

最近では、ソーラーパネルのメーカーを選ぶ際、変換効率に加え、この実発電量を目安に決める方も増えています。

 

実発電量のメーカー比較

各社の実発電量の実験結果は「SBエナジー株式会社」で報告されています。

ここでは、そこで報告されているレポートを元に各社の実発電量を比較してみます。

 

面積あたりの実発電量の比較

 

まずは、ソーラーパネル 1平方メートルあたりの実発電量を比較してみましょう。これによると、やはり変換効率の高いパナソニックのHIT太陽電池の発電量の高さが際立っています。

 

また、単結晶シリコンと多結晶シリコンの差は意外とあまり大きくなく、それに化合物(CIS)、薄膜シリコンが続いています。この辺りはカタログ通りです。東芝の高効率パネルの結果も気になるところですが、こちらは実験に参加していないようでデータがありませんでした。

 

この結果より、なるべく多くの発電量を稼ぎたい場合には、パナソニックのHIT太陽電池モジュールがよいと言えます。

 

メーカー名 型式 太陽電池 定格容量 2012年4月 2012年8月 2012年12月 平均
シャープ ND-193CA シリコン多結晶 192.5 18.87 12.59 10.56 14.01
京セラ KS2381P... シリコン多結晶 238.1 18.98 12.72 11.16 14.29
パナソニック VBH13215TA ハイブリッド(HIT) 215 21.35 14.55 14.06 16.65
東芝 - - - - - - -
ソーラーフロンティア SF150-K 化合物系(CIS) 150 16.93 11.38 11.36 13.22
三菱電機 PV-MGJ250ACF シリコン単結晶 250 19.2 12.78 12.21 14.73
サンテック STP280-24/Vd... シリコン多結晶 280 18.8 12.74 13.3 14.95
長州産業 - - - - - - -
カナディアンソーラー CS6P-230P シリコン多結晶 230 18.43 12.49 11.85 14.26
Qセルズ - - - - - - -
カネカ U-ZE115 薄膜シリコン 115 11.54 8.12 7.13 8.93
GWソーラー - - - - - - -
フジプレアム - - - - - - -
キングダムソーラー - - - - - - -
ソラキューブ - - - - - - -
ホンダソルテック - - - - - - -

 

定格発電量と実発電量の比は

 

続いて、定格発電量(カタログ値)に比べて、実発電量はどうなったかを比較してみましょう。

 

この値が大きいほど、よりカタログ値に実際が近かったと言えます。この値は、ソーラーフロンティアが評判通り高くなりました。他のメーカーはどれも近い値となっています。

 

つまりソーラーフロンティア製のソーラーパネルをワット単価で安く買うことができれば、実発電量は大きいため、早く元を取ることができます。

 

メーカー名 型式 太陽電池 定格容量 2012年4月 2012年8月 2012年12月 平均
シャープ ND-193CA シリコン多結晶 192.5 93.1% 86.6% 68.7% 83%
京セラ KS2381P... シリコン多結晶 238.1 94.0% 87.9% 72.8% 85%
パナソニック VBH13215TA ハイブリッド(HIT) 215 91.5% 87.0% 79.4% 86%
東芝 - - - - - - -
ソーラーフロンティア SF150-K 化合物系(CIS) 150 99.5% 93.3% 88.0% 94%
三菱電機 PV-MGJ250ACF シリコン単結晶 250 91.3% 84.7% 76.5% 84%
サンテック STP280-24/Vd... シリコン多結晶 280 93.5% 88.4% 87.2% 90%
長州産業 - - - - - - -
カナディアンソーラー CS6P-230P シリコン多結晶 230 92.5% 87.5% 78.4% 86%
Qセルズ - - - - - - -
カネカ U-ZE115 薄膜シリコン 115 90.0% 88.4% 73.3% 84%
GWソーラー - - - - - - -
フジプレアム - - - - - - -
キングダムソーラー - - - - - - -
ソラキューブ - - - - - - -
ホンダソルテック - - - - - - -

 

ご注意下さい

 

上野表より、発電量を稼ぎたいならパナソニック、早く元を取りたいならソーラーフロンティアといえるのですが、この結果はあくまでも一地域で行われたものです。そのため、地域が変わると気候や日照条件が異なるため、結果も違ったものとなってくることが予測されます。

 

これらの結果はあくまで参考までに留めておき、見積もりの際にきちんとシミュレーションを行ってから、メーカーを決定するのが好ましいでしょう。

 

 

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

メーカー徹底比較!   コメント:0

この記事に関連する記事一覧