太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

メーカー保証の比較|太陽光発電のメーカー比較

読了までの目安時間:約 4分

 

太陽光発電のメーカーごとの保証の比較を紹介します。

 

メーカーによって無償の保証期間や、保証の種類、有償の延長保証の有無などが大きく異なります。

 

太陽光発電は一度設置したら、10年~30年と長く使うことが想定されますので、保証の充実度もメーカー選びのポイントになるでしょう。

 

 メーカーの保証比較表

メーカー名 出力保証(無償) 機器保証(無償) 災害保証 工事保証 延長保証(有償)
シャープ 10年間で90%を保証 10年間     まるごと15年保証
(出力・機器15年)
京セラ 10年間 10年間 10年間   トリプル保証
(機器・災害15年)
(出力保証20年)
パナソニック 20年で72%を保証 10年間 10年間    
東芝 10年間 10年間     20年パワフル保証
(出力20年、機器15年)
15年パワフル保証
(出力・機器15年)
ソーラーフロンティア 20年で80%を保証 10年間      
三菱電機 20年で80%を保証 10年間      
サンテック 25年で80%を保証 10年間      
長州産業 20年で80%を保証 10年間   雨漏り
10年保証
 
カナディアンソーラー 25年で80%を保証 10年間      
Qセルズ 25年間 10年間 10年間    
カネカ 10年間 10年間      
GWソーラー          
フジプレアム 15年間 10年間 10年間    
キングダムソーラー 25年間 10年間      
ソラキューブ 25年間 10年間 10年間 10年間  
ホンダソルテック 10年間 10年間 10年間    

メーカー保証が充実しているのは?

保証が充実しているのはどのメーカーでしょうか?

 

上の表のように無償の出力期間が20~25年と長いメーカーが数社あります。こういったメーカーでは無償の保証で、長期にわたって保証してくれるのでお得です。

 

ただし、より注意したいのは機器保証です。太陽光発電システムで故障しやすいのは、パワーコンディショナーなどの周辺機器であると言われています。一方で、ソーラーパネルは比較的故障しづらいとも。

 

つまり故障しやすい周辺機器の保証期間の充実が重要なのです。無償の機器保証はどのメーカーでも10年間となっていますが、最近では、有償の延長保証で機器についても15年程度の保証を設けるメーカーが出始めています。

 

有償とは言え、故障しやすい機器の修理費用に比べたらかなり安い値段で加入できるので、こういった保証を取り扱っているメーカーを選んだ場合には、加入しておいたほうが得になる場合もあります。

 

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

メーカー徹底比較!   コメント:0

この記事に関連する記事一覧