太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

太陽光発電システムの費用の内訳は?

読了までの目安時間:約 3分

 

太陽光発電システムの費用に含まれるものは、次のようなものがあります。

 

太陽光発電システムの費用の内訳

太陽光発電システムには大きく分けて、次の3種類の費用が必要です。

 

  • 機器関連の費用
  • 工事関連の費用
  • その他の費用

※これから値引きが入って相場金額に!

 

 機器関連の費用

太陽光発電システムの機器の費用は最も大きな費用です。何kWのシステムを設置するかで、太陽電池モジュールやパワーコンディショナーの費用等は異なりますが、平均的な3.5kWのシステムでは次のような費用がかかります(参考:価格コムHP)。

 

  • 太陽電池モジュール(3.5kW):140,000円
  • パワーコンディショナー:230,000円
  • 取り付け架台:118,000円
  • 発電モニター:50,000円
  • リモコン、ケーブル、その他:20,000円

 

工事関連の費用

屋根の形状などによって必要な工事が異なるため、家ごとに工事費用も異なります。足場を組んで工事をする場合、工事費用が少々高めになります。

 

  • 設置工事費:160,000円
  • 電気工事費:115,000円
  • 架台工事費:80,000円

 

その他の費用

その他には次のような費用が必要になることがあります。手続き代行費用は補助金の代行を依頼する場合に必要です。延長保証を取り扱っているメーカーでは数万円程度の費用で保証期間を20年ほどに伸ばすことができます。

 

  • 手続き代行費用:2万円程度
  • 延長保証:数万円程度

 

以上の合計金額から値引きが入ります

以上の金額を合計すると、3.5kWのシステムで220万円程度となります。2013年度の補助金対象は、1kWあたりの金額が41万円以下ですので、40万円×3.5kW=140万円が相場の金額と言えます。

 

この差額の80万円ほどは値引きしてもらうことができるでしょう。もしそうなっていない場合には、交渉するか、別な施工業者を探しましょう。

 

 

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電の費用や導入の流れ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧