太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

太陽光発電システムの導入の流れは?

読了までの目安時間:約 5分

 

太陽光発電を設置する場合、どのような流れで導入するとスムーズに導入できるのでしょうか?

 

ここでは、太陽光発電システムの導入の流れを紹介します。

 

準備段階

まずは、自宅の屋根・電気料金などを調べたり、太陽光発電についての情報を集めて準備を行います。

 

  • 自宅の屋根や電気料金を調べる
  • 情報を集める

 

自宅の屋根や電気料金を調べる

 

自宅の屋根の形状や広さ、材質、角度などがわかるようであれば調べておきましょう。これを知っておくと、後ほど見積もりを取る際にスムーズにいきます。

 

また、現在の電気料金やガスの料金についてもわかるようであれば調べておきましょう。どれくらい太陽光発電で得することができるかを計算するのに役立ちます。

 

情報を集める

 

太陽光発電とはどんなものなのか?どんなメーカーがあるのか?価格相場はどれくらいか?などの情報を集めておきましょう。このサイトなどでも様々な情報を集めておりますので、気になるメーカーなどを見つけてみましょう。

 

施工・販売業者を探す

販売・施工業者選びは、非常に大切な作業になります。太陽光発電システムは数十年使うものですので、信頼できる業者と付き合うのが重要なのです。

 

  • 販売業者を探してみる
  • 見積もりを依頼
  • 現地調査
  • 見積書を検討
  • 施工業者と契約

 

販売業者を探してみる

 

太陽光発電の販売業者には、家電量販店、ハウスメーカー、メーカー、リフォーム会社、工務店…などなどたくさんあります。すべて見て回ってもよいですが、安く信頼できる業者を「ネット一括見積り」で探すのが、早く、かんたんです。いずれにしても3社ほどの販売業者を探し出して、相談、見積もり発行してもらうことが大切です。

 

 見積もりを依頼

 

上で探した販売業者さんに見積もりを依頼します。ネット見積もりでは簡易見積が出る場合もあります。明らかに高い業者、信頼の置けない業者などはここでサヨナラしましょう。また簡易見積でも各社の比較を行います。

 

現地調査

 

しっかりとした見積は現地調査が必要です。家に来てもらい屋根や家の状態を調査してもらいます。現地調査を行うことで、各社が自宅に合った太陽光発電システムの提案を行ってくれます。

 

見積書を検討

 

最低2~3社から見積もりをもらったら、それぞれを比較します。サポートはどうか?価格はどうか?何年で費用を回収できるか?などのほか、信頼の置けそうな業者かを確認します。

 

施工業者と契約

 

納得のいく業者が見つかれば契約しましょう。

 

工事から発電開始まで

契約後には次のようなイベントが控えています。

 

  • 補助金申請などの手続き
  • 設置工事
  • 竣工検査
  • 受給契約・連携確認
  • 発電スタート

 

 補助金申請などの手続き

 

補助金が受けられる場合には、申請を行う必要があります。自分で行うこともできますが、このような諸手続きは、業者に依頼して代行してもらう事もできます。

 

設置工事

 

設置工事自体は2日ほどで完了します。足場が必要な場合にはプラス2日ほど必要になることも。

 

竣工検査

 

太陽光発電システムがきちんと発電できているかの確認を行ったり、操作方法を教えてもらったりします。

 

受電契約・連携確認

 

電力会社に電気を売ったり、買ったりするための契約や、確認作業の立会を行います。

 

発電スタート

 

以上が終了したら、発電生活がスタートです!

 

 

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電の費用や導入の流れ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧