太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

太陽光発電のデメリット④ 設置までに時間と手間がかかる

読了までの目安時間:約 4分

 

太陽光発電は大きな設備のため、設置するまでには手間と時間がかかります。これもデメリットと言えるかもしれません。

 

家電のように買ってすぐに使えるというわけにはいきません。しかしこれらに関してもうまくやることで、手間や時間をかけずに導入することも可能です。

 

設置するまでの時間

設置までにどれくらいの時間がかかるかは、場合によります。

一般的には2~3ヶ月の期間がかかると見ておいたほうが良いと言われます。

 

特に年度末などでは駆け込み需要があるため、なるべく早めに手続を行うようにしましょう。

 

設置するまでの手間

設置するまでには、次のような手順を踏むことになります。

 

どんなものを設置するかイメージする

 

まずは、どのような太陽光発電システムを設置するか漠然とでもイメージしておきます。

なるべく発電量を増やしたいとか、なるべく早く元を取りたいなど、希望を挙げておきましょう。

 

できればこの時点で太陽光発電に関する情報を得ておくと良いですね。

 

販売業者を見つける

 

次に太陽光発電システムを販売している会社を探します。

近所の工務店や大型スーパー、電器店などでも取り扱っています。

 

オススメの探し方としては、右でご紹介している「タイナビ」を利用することです。

優良業者を取り扱っており、かつ自分の住んでいる地域の複数の業者を比較できるので、安い業者を探すこともできます。

 

このようにして、なるべく多くの業者を見つけるようにしましょう。

 

販売業者と交渉する

 

次に販売業者との交渉を行います。まずは、見積を取得してそれぞれを比較してみましょう。

見積では、安さや購入費用の元を取るまでの期間(年数)を比べます。

 

さらに対応の良さや、アフターサービスについてもしっかりと見極めましょう。

太陽光発電は長く使うものなので、これらは結構重要です。

 

契約する

 

太陽光発電システムの提案内容、価格、サービス対応の良さを比較し、納得行くところが見つかったら契約します。

 

諸手続きを行う

 

補助金の申請、電気連携の申し込み、などの手続きを行います。

これは販売施工業者に代行をお願いすることができます。

無料かもしくは数万円で代行してもらえるので、 お願いするのがよいでしょう。

 

設置工事を行う

 

設置工事はそこまで時間はかかりません。

通常1~2日程度で、足場を組む場合にはそれに2日程度プラスされるようです。

 

諸手続きを行う

 

最後に電気の連携の手続きなどを行い、終了です。

 

なるべくスムーズに進めるには、販売業者をうまく活用することです

優良な販売施工業者を素早く探し当てて、良い提案のあったところを選べば、あとは概ね任せておくだけで良いでしょう。

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電のデメリット   コメント:0

この記事に関連する記事一覧