太陽光発電 メリット デメリット

太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談。

太陽光発電のデメリット① 太陽光発電システムの価格が高い

読了までの目安時間:約 2分

 

太陽光発電のデメリットで最も大きいのは、太陽光発電システムの価格が高いという点です。

 

一昔前に比べると信じられないくらい安くなってきている太陽光発電システムですが、まだまだ安いということはできません。

 

太陽光発電の価格は、1kWあたり40万円前後が相場と言われています(2013年現在の平均相場、JPEAより)。

 

そのため、3kWの太陽光発電システムを設置しようと思ったら、3kW×40万円で120万円前後の初期費用が必要と考えられます。

 

やはり100万円を越えるような大きな金額ですので、安くはありませんね。

 

しかし、この金額は以前と比べるとかなり安くなっています。JPEAのHPを見てみると2009年では1kWあたり60万円以上していたことがわかります。さらにその前では100万円近くしていました。

 

また価格が少々高くとも、現在の価格であれば10年以内に初期費用の元を取ることが可能です

そのため、はじめに少々高いお金を払っておけば、後々得できるようになります。

(太陽光発電のメリットに関しては、こちらをご覧ください)

 

ただしこの場合、販売業者と交渉する際にしっかりとシミュレーションをしてもらいましょう。

初期費用の大きさももちろん重要ですが、10年以内に元が取れるかどうかはもっと重要です。

 

少々高いけれども、のちのち得する太陽光発電は今がさまざまなメリットを受けられるチャンスですので、まずは販売会社探しを行い見積をとってみましょう。

施工・販売業者は安心できて安い所を探したい!

日本最大級の一括見積もりサイトのタイナビでは、厳選された優良業者のみが登録されています。
自分が住んでいる地域の複数の優良業者を探し出し、見積を比べることで安いところも探せます。

●実績No.1の一括見積もりサイトは「タイナビ」

 

太陽光発電のデメリット   コメント:0

この記事に関連する記事一覧